お問合せはこちら お問合せはこちら お問合せはこちら

<エイジングケアに関する調査> エイジングケアで全世代の95.7%が実年齢・今の肌年齢より若く見られたい

ナールスゲン(R)配合エイジングケア化粧品「ナールスピュア」などを販売する株式会社ディープインパクト(本社:大阪市中央区、代表取締役:富本 充昭)は、2015年10月13日から11月13日まで、20代~70代の女性209名を対象に、エイジングによる肌悩み、見られたい肌年齢、エイジングケアやエイジングケア化粧品に対する情報入手方法や欲しい情報などについて、アンケート調査を行いました。調査は、当社が2015年8月から運営するエイジングケア情報啓発サイト「ナールスエイジングケアアカデミー」を通じて行いました。

現在のお肌の悩みで、気になるもの
現在のお肌の悩みで、気になるもの

エイジングケアやエイジングケア化粧品への関心が幅広い世代で高まっていく中で、自分のお肌の悩みを解決するための情報やエイジングケア化粧品を選ぶための情報へのニーズが高いことがわかりました。


<調査結果のトピックス>
■全世代を通じて、エイジングによるお肌の悩みで、最も多かったのは「たるみ」で、46.4%、ついで「ほうれい線」で40.7%、「毛穴」「しみ」が24.9%でした。
http://www.atpress.ne.jp/releases/82399/img_82399_1.jpg

■全世代を通じて、現状の自己判断による肌年齢は、「マイナス5歳以上」が14.8%、「マイナス1歳~マイナス4歳」が20.6%で、それ以外は、「不明」「年齢相応」「年齢以上」でした。
つまり、自己判断での肌年齢が実年齢以下と感じている比率は、35.4%でした。

■一方、全世代を通じて、「見られたい肌年齢」は、「マイナス5歳~マイナス10歳」が50.7%、ついで「マイナス10歳以上」が33.5%、「マイナス1歳~マイナス4歳」12%で、年齢以下に見られたい比率の合計は、96.2%でした。
http://www.atpress.ne.jp/releases/82399/img_82399_2.jpg

■エイジングケアのために実践していることで、最も多いのは「エイジングケア化粧品の使用」で90.4%、次いで、「サプリメントを服用」が、55.0%、「エステに通う」が、13.4%でした。
http://www.atpress.ne.jp/releases/82399/img_82399_4.jpg

■エイジングケア化粧品の中で、最もエイジングケアを意識して使っているアイテムは「美容液」で55.0%、次いで「化粧水」の18.7%、「保湿クリーム」の11%でした。他のアイテムでは、「洗顔料」を意識しているのは1.4%、「クレンジング」は0.5%でした。
http://www.atpress.ne.jp/releases/82399/img_82399_5.jpg

■エイジングケアの知識に関して、十分理解している、詳しく知っていて、他の人にも教えることができると回答したのは、わずかに8.2%で、91.8%が、自分自身の知識に不足を感じていると回答しました。
http://www.atpress.ne.jp/releases/82399/img_82399_6.jpg

■エイジングケアに関して、知りたい情報の上位3つは、「お肌の悩みの改善方法」が87.6%、「エイジングケア化粧品の選び方」が65.6%、そして「エイジングケア化粧品成分の詳細情報」が42.1%でした。
http://www.atpress.ne.jp/releases/82399/img_82399_8.jpg


<総括>
本調査から、どの世代の女性も自分自身の肌年齢に関して、自分が思っているお肌年齢より、若く見られたいと考えていることがわかりました。
また、そのための手段として、エイジングケア化粧品を使っている女性が多数を占めました。そして、エイジングケアに関する情報をインターネット経由で、入手していることが伺えます。

しかしながら、殆どの方は、その知識に関して十分ではないと考えています。その原因の一端は、インターネットに溢れる情報が玉石混淆であることや、主観的な情報や誤った認識に基づく情報も散見されるため、どれを信じて良いかわからないなどの問題があると推測します。

正しいエイジングケアのためには、皮膚のしくみや機能の理解、老化の原因の理解、化粧品原料の機能の理解に加えて、日常生活のポイントや正しいエイジングケア化粧品の使い方や選び方のポイントを理解することが必要です。

株式会社ディープインパクトでは、既存事業で医学・薬学の臨床研究支援や出版事業を展開しています。そこで培った知識や経験をもとに、「ナールスエイジングケアアカデミー」を開設し、正しいエイジングケアの知識を啓発・普及に努め、女性のスキンケアの一助となることを目指します。


<ナールスエイジングケアアカデミー>
http://eijingukea.nahls.co.jp/


<調査結果 詳細>
https://www.atpress.ne.jp/releases/82399/att_82399_1.pdf


【株式会社ディープインパクトについて】
大手製薬企業様や大学病院・大学医学部などを主なお客様として、医学図書の出版、患者様向けの医学・薬学啓発の冊子の作成、医薬品の臨床研究の支援を行う企業。製薬企業の出身者、病院の出身者、薬学修士、医学出版の編集者など専門知識を有するスタッフで組織され、この事業で培った医学・薬学の知識や医療専門家のネットワークを活かし、科学的なスキンケアの啓発、ナールスゲン(R)を使った科学的な根拠に基づく基礎化粧品の企画・開発・販売によって、社会貢献をすべく新たにナールス事業部を設立し、「ナールスピュア」を皮切りに「ナールス」ブランド製品を開発・販売するに至りました。


【会社概要】
代表者 : 代表取締役 富本 充昭
所在地 : 〒541-0047 大阪市中央区淡路町2-6-9 淡路町TCビル4階
設立  : 2005年12月
事業内容: エイジングケア化粧品の企画・開発・販売 /
      医薬品臨床研究支援 / 医学出版
資本金 : 5,000万円
URL   : http://www.deepimpact.vc/


【本リリースに関するお客様からのお問い合わせ先】
株式会社ディープインパクト ナールス事業部
Tel:0120-700-535

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。


*


カヴァーガールオーディション
 

モデル募集

美 to BE Facebook

美 to BE Twitter