お問合せはこちら お問合せはこちら お問合せはこちら

2019年 リーボック クラッシックが訴求していく「90年代」当時人気を博した「AZTREK」オリジナルカラー3色復刻~ロゴも90年代当時の「ベクターロゴ」に一新~

グローバルフィットネスブランドのリーボック(所在地:東京都港区六本木一丁目9番10号)は、歴代の名作を中心に展開するリーボックのカジュアルライン“Reebok CLASSIC(リーボック クラシック)”において、1993年にランニングシューズとして登場した「AZTREK(アズトレック)」のオリジナルカラー3色の復刻モデルを2019年1月19日(土)に発売します。

 

リーボック クラシックは2019年トレンドであり、リーボックの数々の人気を博した名作が生まれた「90年代」をテーマとして、商品・およびブランドを訴求していきます。その一環として2018年末より、リーボック クラシックのロゴを90年代当時のリーボックのロゴである、「ベクターマーク」に刷新しており、ブランドが持つ90年代のヘリテージを伝えていきます。

※2018年末より刷新した新ロゴ※2018年末より刷新した新ロゴ

 

※リーボック90年代当時のロゴであるベクターマーク※リーボック90年代当時のロゴであるベクターマーク

 そして、90年代を訴求する最初の商品として、1993年にランニングシューズとして登場した「AZTREK」を同日2019年1月19日に発売します。このモデルは、2018年秋冬にオリジナルカラーを2色発売し話題を集めたシューズであり、今回は更に3色を復刻発売します。 

発売当時、「AZTREK」はリーボックの最上位パフォーマンスシューズの1足として登場しました。路面の異なるオフロード対応の多目的モデルであった今作は、当時としては非常に斬新であったダイヤ型のスタッズアウトソールを始め、独自の軽量クッショニング素材“Hexalite(ヘクサライト)”を搭載。ヒール上部のドット部分にリフレクター素材を用い、アッパーの前足部に独特のサポートパーツを施すなど、随所にオリジナリティ溢れるディテールが盛り込まれています。レトロ感ある、ボリュームあるシルエットや、レトロなネオンカラーの配色も特徴です。デザインは、数々の有名スニーカーを手掛けるデザイナー“クリスチャン・トレッサー”が手掛けています。

今年は更にリーボックが誇るアイコニックなモデルの周年企画や、90年代当時のオリジナルモデル復刻、国内外のユニークなコラボレーションなども予定しています。様々な商品やイベント、お客様の体験を通じて、90年代のリーボックのヘリテージを、現代に訴求していきます。

■REEBOK ‘90s URLhttps://reebok.jp/classic/reebok90s/

【AZTREK 商品概要】

 

名称:AZTREK OG(アズトレック OG)
●品番/カラー:(左から)
[CN7840]ホワイト/ブラック/クラッシュドコバルト/ソーラーイエロー
[CN7841]ホワイト/ブライトローズ/クラッシュドコバルト/チームパープル
[DV3747]トゥルーグレー/タイムレスティール/オーバージン/ブラック
●発売日:2019年1月19日(土)
●サイズ:22.5cm~31.0cm
●自店販売価格:¥11,880(税込)
●発売店舗:
・リーボック オンラインショップ(http://reebok.jp
・リーボック クラシックストア(原宿、HEP FIVE、ダイバーシティ東京、あべのHOOP、立川立飛、横浜ビブレ、名古屋みなとアクルス)
・ZOZOTOWN(http://zozo.jp/shop/reebok/
・atmos Harajuku / BILLY’S ENT 各店 / Dice&Dice / JEANS FACTORY / KICKS LAB. / mita sneakers / UPTOWN 熊本店 /伊勢丹新宿本店 婦人靴 / マルイウェブチャネル

カヴァーガールオーディション
 

モデル募集

new entry

美 to BE Facebook

美 to BE Twitter