お問合せはこちら お問合せはこちら お問合せはこちら

日本初の女性テーラーが手掛けるブランド『Re.muse』 ATSUSHI NAKASHIMAとコラボし 2019SSミラノコレクション出展

東京・六本木(六本木交差点より徒歩1分の好立地)と、大阪・淀屋橋に2店舗を構える、オーダースーツ専門店『Re.muse/レ・ミューズ』[運営:株式会社muse(ミューズ)、本社:大阪市中央区、以下 ミューズ]が、2018AWに引き続きATSUSHI NAKASHIMAとコラボし、2018年9月24日(ミラノ現地時間)、2019SSミラノコレクションに出展することになりました。

ミラコレ1

ジャンポール・ゴルチエに師事した経験を持つATSUSHI NAKASHIMAのデザイナーである中島 篤が自身の描く世界観とイメージがあうスーツをコレクションに取り入れたいとの要望に応えたテーラーが「Re.muse」でした。今回のコレクションでも品質の水準のみならず、ファッション性あふれる作品を発表いたします。

発表日:2018年9月24日(ミラノ現地時間)

場所 :レオナルド・ダ・ヴィンチ記念国立科学技術博物館

【ミューズについて】

ミューズは女性社長(勝 友美)率いる女性のみで構成された異例のオーダースーツ店です。機械化と低価格化が進行する今の時代に、半分以上の工程にハンドを用い、オーダーの醍醐味である採寸においては特殊体型補正を社員全員が扱えるようになっています。製品への拘りは近年のオーダー業界では珍しいほどですが、ミューズが多くのエグゼクティブより支持を集める一番の理由は、着る人の夢と目標にとことんフォーカスしてお仕立てを進める所にあります。顧客と夢を共有するという新しい付加価値を確立しているのです。

そんなミューズのオーダースーツは、着る人を成功へと導く「VICTORY SUIT(ヴィクトリースーツ)」と呼ばれ、NHK・経済界・日経新聞など多数メディアに取り上げられ、2,000人(※1)を越える自己実現を目指す幅広い年齢層より支持を受けている。

ミューズはテーラーの枠に留まらない新たなプロダクトの展開も考えている。今後益々目が離せない!

2017年6月にブランド名をmusestyeab/ミューズスタイルラボから、Re.muse/レ・ミューズへ改名。

(※1) 2,000人の顧客数値は顧客管理システムより集計されている。

<代表紹介>

http://www.atpress.ne.jp/releases/166436/img_166436_4.jpg

勝 友美(かつ ともみ)/代表取締役 1985年3月21日生まれの今年33歳

Re.museの創始者であり、自ら採寸を行う日本初の女性テーラー。女性起業家として業界の枠を越えて、経済界始めメディアに取り上げられている。

著書:営業は「バカ正直」になればすべてうまくいく!

   (発行所:SBクリエイティブ)

2018年4月NHK「シブ5時」、同年7月日テレ「私これで成功しました」に取り上げられる。

<経歴>

2005年:

アパレルメーカーに入社し、ファッションの専門知識を習得。入社2カ月で副店長となりトップセールスとなる。その後、ヘッドハンティングを受けスタイリストとして、海外での新規事業の立ち上げの中心メンバーとなる。

2010年:

縫製業界へ転職。最高峰の採寸技術を習得。

2013年:

muse style labを大阪・淀屋橋にて設立(現在のRe.muse/レ・ミューズ)

日本初の女性テーラーとして、「夢を実現するスーツ」との評価を受け、日刊経済へ取り上げられ話題を呼ぶ。2016年 2号店を東京・六本木へOPEN。日本初の女性テーラーとして、Yahoo!ニュース等35メディアに掲載される。

<店舗情報>

Re. muse 大阪本店

所在地 :〒541-0046 大阪市中央区平野町2-6-4 アトレ三休平野ビル3階

アクセス:御堂筋線/淀屋橋駅11番出口より徒歩約6分

TEL   :06-7162-4623

Re. muse 六本木店

所在地 :〒106-0032 東京都港区六本木5-2-1 望月ビルB1~3F

アクセス:東京メトロ日比谷線・都営大江戸線/六本木駅3番出口り徒歩2分

TEL   :03-6434-5712

営業時間: 11:00~20:00 予約制 定休日/月曜日

URL   : http://re-muse.jp/

mail  : contact@re-muse.jp

プレスリリース動画

カヴァーガールオーディション
 

モデル募集

new entry

美 to BE Facebook

美 to BE Twitter